東浜巨の2017年成績大予想!更なる飛躍の予感がする

ソフトバンクホークスの東浜巨と言えば昨年はやっと覚醒しましたね。

投手の当たり年だった2012年のドラフト1位です。

入団から3年間は、まったく期待外れの成績でした。

このまま、終わってしまうにはあまりにも悲しすぎたんですが、
2016年は、二桁には及ばなかったものの9勝6敗防御率3.00の成績を収めました。

今回は、更なる飛躍を目指す東浜巨の2017年成績大予想をしてみました。

工藤塾から成績が良くなった東浜

Sponsored Links

東浜巨の入団から3年間は残念の一言でした。

ただでさえ、成績が悪いのに、年々もっと悪くなっていく状態でした。

  • 2013年3勝1敗 防御率2.38
  • 2014年2勝2敗 防御率3.82
  • 2015年1勝2敗 防御率4.32
  • 2016年9勝6敗 防御率3.00

2013年のルーキーイヤーから2015年まで綺麗に勝ち星が3勝、2勝、1勝と減っています。

防御率も綺麗に毎年悪くなっていました。

しかもルーキー年は、勝ち数が多い、2年目同じ、3年目負け越し。

この過去3年間の成績データを見たら2016年は、どうなってしまうんだろうか?

そんな状況で、ファンも諦めかけた頃、東浜巨はやってくれました。

2016年は、春先に2軍だったのが残念でしたね。

開幕からずっと1軍に入れば規定投球回数もいって、投手成績ベスト10に入っていたと思います。

でも、9勝6敗 防御率3.00は立派でした。

成績よりも対戦した相手チームの投手は、ほとんどエース級との戦いでしたからね。

そんな投げ合いで勝利していたのですから数字以上の勝ちがあります。

そして東浜巨が急成長したのは、工藤監督の存在が大きいでしょう。

入団当初は、秋山監督でしたが、秋山監督は打者出身でしたからね。

工藤監督は、投手出身でしかも長年現役をやっていた人です。

投手の事は、何でも知っている人でした。

東浜巨は、工藤塾に入っていたのですが、練習メニューはウエイトトーニングを取り入れたもの。

登板間隔に3回行い、登板の翌日は軽めの重りでその分回数は多くなる練習です。

3日目上半身、4日目下半身のウエイトトレで5日目、6日目でピッチング等をやるというスケジュールでした。

そのおかげで鍛え抜かけれ筋肉で東浜の2016年は好成績に繋がったのです。

Sponsored Links

ソフトバンク東浜2017成績予想!

入団から順風満帆とは、行かなかった東浜ですが2017年は規定投球回数もクリアすると思います。

そうなると気になる成績予想ですが

2017年東浜巨成績予想

16勝5敗 防御率2.15

かなりハードルが高いですが、ソフトバンク打線も強力ですからね。

普通に投げればこれくらいの成績は可能だと思います。

ただひとつ、心配というかソフトバンクホークスは打線も凄いですが投手陣も強力です。

他チームではローテーションピッチャーがソフトバンクでは、普通に2軍にいます。

先発投手枠は、6人ですからね。
調子が良くて、実力はあっても6人からあぶれた選手は2軍に行かなくてはいけません。

工藤監督は、2017年も嬉しい悲鳴をあげることでしょう。

まずは、チーム内の競争に勝たなくては何も始まりません。

その為には、春季キャンプでどんどん工藤監督にアピールしていきましょう!

まとめ

2012年は、ドラフトでピッチャーの当たり年でした。

大谷翔平  日本ハムファイターズ 花巻東高校
藤浪晋太郎 阪神タイガース    大阪桐蔭高校
菅野智之  読売ジャイアンツ   東海大学
東浜巨   ソフトバンクホークス 亜細亜大学

東浜以外は、入団当初から活躍。

みんな所属チームのエースになっていますからね。

ひとり取り残された形の東浜でしたが2016年は藤浪を成績で抜きました(笑)

2017年の東浜巨の成績は、怪我さえなければタイトルも取れると思います。

その先には、昨年後半にスルリと抜けた優勝を再び奪取することも可能だと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    あなた凄すぎます

  2. 匿名 より:

    嘘だろ。。
    だいたい合ってる。。

    来年の予想をお願いします。