ひな祭りの由来や飾る時期?食べ物は何が良いの?

3月3日は言わずと知れた

桃の節句ひな祭りです。

管理人は男の為、子どもの頃はどうしても
納得いきませんでした。

なんでお姉ちゃんだけ・・・

でも、今は自分にも子ども出来、女の子もいる為
ひな祭りには充分興味があります。

そこで今回は、ひな祭りの由来、飾る時期、ひな祭りの食べ物に
ついて調べてみました。

ひな祭りの由来とは

雛祭りの由来を探ると面白いことが分かってきます。

その由来とは、まず中国から伝わった五節句が始まりです。

Sponsored Links

五節句とは

  • 1月7日の「人日(七草がゆ)」
  • 3月3日の「上巳(桃の節句)」
  • 5月5日の「端午(菖蒲の節句)
  • 7月7日の「七夕(星祭)」
  • 9月9日の「重陽(菊の節句)」

この中で3月上旬の巳の日、この日に草や薬で作られた
人形で体を撫でて穢れを移します。

何のためにそのような事をするのかというと
この人形を川に流すことによって

厄払いや邪気祓いを行う事ができたのです。

また、上流階級の女の子の間で、紙人形をを使った
「ひいな遊び」というのがありました。

このひいな遊びと川にに流す人形がひとつになって
「流し雛」というのが生まれたのです。

江戸時代になってからは、人形作りの技術もかなり
進化していきました。

そうなると人形は川に流すものではなく、
家で飾るものへと変っていったのです。

それが現代に残るひな祭りの由来と言われています。

ひな人形という名前からか今では当たり前に
女の子のもの、女の子の行事と誰もの思っているでしょう。

しかし元々ひな祭りは、上巳の節句であり、
必ずしても女の子とためとうわけではありませんでした。

本来、ひな祭りの目的は男女共通の行事であり、
厄払いや邪気祓いのため、行われていたのです。

この男女共通の行事だったのが、
女の子に日になったのは江戸幕府の時代です。

元々上巳の節句である雛祭りは、日付が変動していました。

それを江戸幕府の時に毎年3月3日に固定し、
さらに人形を飾るようになりました。

この時から単にお祭りということではなく、
女の子がいつまでも健やかに成長して幸せになるよう
願う日となっていったのです。

Sponsored Links

ひな人形を飾る時期

ひな祭りが3月3日でも飾る時期が
同じ3月3日だけじゃもったいないですよね。

ひな人形も高額なものになると何十万とします。
それをたった1日しか、お目にかかれないなんてありえません。

ひな祭りの時期以外は、普段はほとんど
ひと目に触れない所にいるわけですから飾る時期は
長い方が良いですよね。

ひな人形を飾る時期は、
節分の次の日(立春)から2月中旬まで

とされています。

この場合、2月24日、つまりひな祭りの1週間前までには
飾り付けが終わるようにしょう。

また、あくまで迷信の範囲ですが、
ひな人形を飾る時期が遅れると
お嫁に行くのも遅れるなんていう話もあります。

早く見たいひな人形ですから飾る時期は、
早いに越したことはないですね。

ひな祭りの食べ物

ひな祭りは伝統的な行事ですから食べ物にも
こだわりたいところです。

ひな人形は素敵でも食べ物がピザでは興ざめですからね。

実はひな祭りには、昔から伝わるお祝いの料理があります。

季節が春だけに春の訪れを感じる
旬の食材を使った食べ物になります。

代表的なひな祭りの食べ物

はまぐりの吸い物
仲の良い夫婦が一生一人の人と添い遂げるという願いが
込められた縁起物になります。 

菱餅(ひしもち)
緑、白、ピンク(紅)の3色には他説あります。
緑「健康や長寿」、白「清浄」、ピンク「魔除け」など。
さらに三色には、増血効果、血圧を下げる効果、
解毒作用があると言われています。

ひなあられ
ひな祭りの代表的な和菓子。
4食の色はそれぞれ四季を表現しています。

でんぷんが多いので健康にも良い。
その為、「1年中娘が幸せに過ごせるように」
との願いも込められている。

ちらし寿司
エビ、レンコン、マメなど縁起のよい具と
三つ葉、卵、人参などで食卓に春を呼ぶ
ひな祭りには、欠かせない食べ物です。

まとめ

ひな祭りの由来から調べてみるとその起源は平安時代まで
遡ってしまいました。

その時々でひな祭りが変化してきたのが分かったと思います。

現在のひな人形は、願うというより
高額で見せるのを競うようになってきたのも事実。

何段だから立派とかではなく、ひな祭りには、
心を込めて子どもの成長を願って欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする